指導環境関連・
公取協セルフチェック

指導環境関連のお知らせ

プライスボード適正表示のポイント・公取協セルフチェック

プライスボードの表示

1. 販売価格は、消費税を含んで表示すること

→消費者に分かりやすい表示という観点から「消費税込み価格」を表示

2. 走行距離数を適正に表示すること

→走行距離数が1000km未満の場合は、走行距離計の表示値をそのまま表示  
  
→「改ざん歴車」は「改ざん歴がある旨」を表示  
※「走行不明」とは表示できません。  
 必ずコンディション・ノートも表示・交付してください。  
  
→「交換歴車」は「交換歴がある旨」及び「交換前・後のキロ数」を表示  
※合算値のみの表示はできません。必ずコンディション・ノートも表示・交付してください。

3. 「修復歴あり」または「修復歴なし」のいずれかを表示すること

→「修復歴あり」の場合、必ずコンディション・ノートも表示・交付

4. 「保証つき」または「保証なし」のいずれかを表示すること

→保証に要する費用(整備の実施が「保証付」の条件である場合の整備費用も含む)を販売価格に含む場合のみ「保証つき」と表示(それ以外は「保証なし」と表示)

5. 「保証つき」の場合、保証内容(保証期間・走行距離等)を表示すること

→必ず「保証書」を交付

6. 定期点検整備について、「整備あり」または「整備なし」いずれかを表示すること

→法定点検整備(12ヵ月・24ヵ月)を実施する場合のみ「整備あり」と表示(それ以外は「整備なし」と表示)

7. 「整備あり」の車両には、定期点検整備費用を価格に「含む」または「含まない」のいずれかを表示すること

→整備実施が販売条件の場合や、「保証付」販売において整備の実施が「保証付」の条件である場合は、整備費用を価格に含めて表示

8. 定期点検整備費用を価格に「含まない」車両には、整備費用の額を表示すること

→消費者に分かりやすい表示という観点から「消費税込み価格」を表示

展示車に「メーター改ざん歴車」または「交換歴車」がある場合

9. メーターが交換されている車両や改ざんが判明した車両にはシールを貼付すること

展示車に「特定の車両状態」に該当する車両がある場合

10. コンディション・ノート等により表示し、購入者へは同書面を交付すること

→特定の車両状態とは以下のいずれかに該当する車両  
①メーター交換歴車  
②走行距離疑義車  
③メーター改ざん歴車  
④修復歴車  
⑤定点期検整備なしで、要整備箇所のある車両 
 
→修復歴「あり」だけではなく、修復歴の部位を正しく表示するとともに、同書面を購入者に交付する